Shimoshiの人生プラ転計画

ポンコツヘボリーマンShimoshiの奮闘記です

お金持ちになる為に意識していること

お金に対する意識

f:id:Shimoshi:20190415024354j:plain

ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

僕は30代から、大きな失敗を経てお金に対する意識を変える為、学び続ける様にしました。主に以下の点を意識しています。

  • お金は汚いものとは考えない様にした
  • お金の多さ=人生の選択肢の多さ(豊かさ)
  • 会社以外で稼げる方法を常に考える
  • お金は人には貸さない
  • 大きなお金を手に入れても生活水準を上げない
  • 借金はしない(ローン、リボ払いも立派な借金です)

これらについて詳しく説明していきたいと思います。

 

お金は汚いものと考えないようにした

結論から先に言うと、「人間社会においてお金は命、時間と同じくらい大事!!」です。人気漫画の「カイジ」で出てくる帝愛グループ幹部の利根川幸夫も「金は命より重い!!」という台詞が強烈なインパクトですが、(さすがに僕は命よりとまでは思いませんが(笑))そのくらいお金は大事です。

 

お金があれば人間社会の大概の事は解決出来ます。トラブルの解決も回避もお金です。自分や大事な人の身を守る為にもお金が必要ですし、おいしいものを食べる、学ぶ、経験するにもお金が必要です。住む場所、家、大事な体を維持する為の健康維持もお金が必要です。

 

僕は20代の頃、「必要以上にお金を稼ぐのはいやらしいことだ」「お金=悪いイメージ」「お金よりも大事なものはたくさんある」「お金より友達の方が大事だ」と思っていましたし、言っていました。

昔の古い日本の美徳意識ですね。しかし、この考えは何の役にも立ちませんし、この意識ではお金を手に入れることも、上手に使うことも出来ません!!だって、イメージの悪い汚い者を多く持とうって思えないし、知ろうともしなくなりますからね。

 

お金=選択肢の多さ(豊かさ)

お金が沢山あると、欲しいものも、食べたいものも、行きたい場所に行ける距離も手段も多く選べます。大きな病気が発見された場合も、お金が無いと手術が出来なくても、お金があれば最善の手術を最高の先生にお願いするという選択肢が選べます。

 

また、お金があれば、時間を手に入れられるのです。県外に出かけなければならない場合も、お金が無いと自分で運転したり、時間帯が限定されている公共交通機関を利用しなければなりませんが、お金があればタクシーを使い、移動中に本を読んだり休んだりできます。

 

まぁ僕の場合、贅沢三昧したくてお金が欲しいのではなくて、自由に使える時間が欲しいですね。

 

会社以外で稼げる方法を考える

お金を稼ぐ手段で大多数の方が行っている手段が会社で稼ぐです。昔は会社でいかに多く稼ぐかが重要でしたが、近年はインターネットが身近になり、様々な手段で稼ぐ事が可能です。お小遣い稼ぎ程度のものから、難易度は高いですが億を稼ぎ出す事が出来るものまで様々です。

 

僕も最近は本格的に稼ぎたいと思い、本を読んだりネットで検索したりして、自分に適した手法を探りながら色々と試しています。

 

ネットで稼げる時代になってきたにも関わらず、身近で挑戦している人は案外少ない印象です。ということは、これから先の時代に比べればライバルはまだ少ない!!という事です。今挑戦しておいた方が、将来「あのときやっておけば良かったなぁ・・・」とはならないでしょう。

 

お金は人には貸さない

過去に友人にお金を貸して大失敗した僕の経験から言います。

 

結論から言うと、貸した金は返ってこないから貸さない方がいい!!です。コレホントです。どんなに信用している人でも、絶対貸さない様にしましょう。

 

相手は借りる為に必死です。何度でも連絡してきますし、土下座だってます。必ず返すという事を繰り返し言います。「借用書も書く」と言うでしょうが、お金のない人間からは、仮にお金を掛けて裁判をやっても返して貰えないです。何処かに逃げたら探偵に依頼してお金を掛けて探す事になるかもしれません。法律上でも借用書があれば確実にお金が返ってくるなんて事は記載されていません。ただの形上だけのようなものです。

返ってくるかも分からないお金に、裁判費用に探偵費用も払えますか?

 

それに、逃げなかったとしても、毎回「お金返して」と言うのは嫌ですよね。お金を貸した側なのに、なぜかこっちが悪者扱い・・・

貸したお金が返ってくるか確証もなく、貸した相手との人間関係もこじれ、心理的なストレスは増すばかり・・・

 

結果的に、お金を貸した人間側だけがリスクを負うだけ。損しかしないのです。

金貸しが生業の人でも無い限り、素人がお金を貸すのは絶対に辞めましょう。トラブルしか生まれないです。

 

もしあなたにお金を借りたいという話を持ってきたとすると、家族に言えない、家族にばれる借金をしたくないというのが主な原因です。キッパリ断り、場合によっては縁を切るしか無いかも知れません。

 

中途半端な優しさは、残酷な結末しか生みません。本当に相手のことを想うなら、中途半端な回答はせずに断りましょう。

 

大きなお金を手に入れても生活水準を上げない

手に入るお金が増えてくると、人間だれでも贅沢したくなるものです。しかし、入ってくるお金に対して生活水準を上げていたらいつまで経ってもお金が足りないままです。人間の欲は恐ろしいもので、一度味わった贅沢は忘れられないのです。

 

宝くじ当選者が破産するというのは有名なはなし。これまで手にしたことの無いお金で贅沢三昧してしまうと、残りのお金が少なくなっても贅沢が辞められなくなってしまうのです。

 

「宝くじ当たったのに贅沢三昧して破産するなんて馬鹿じゃないの?」「俺はそんな馬鹿な事はしない」と思うかもしれません。

 

しかし、大体の人はこうなってしまいます。お金に対する正しい使い方、欲のコントロールの仕方が身についていないと、相当難しい事だと思います。「ボーナス入ったから自分へのご褒美で何か買おう!!」という方!!既に生活水準上げてしまってますよ(笑)

そもそも欲が全くない人なら別ですけどね。

 

僕の場合、乗ってる車、腕時計、服は中古にして出費を抑えています。中古でも良いものを選べば、物としてはとても良い物でも出費を新品で買う時の半額以下で手に入れる事ができます。

 

借金はしない(ローン、リボ払いも立派な借金)

借金は、利息の支払いがそもそも無駄です。銀行系カードローン、リボ払いなんかは、月々の支払額は1~2万円と、負担が小さく感じるかも知れませんが、トータルで見たときの利息の額に驚くと思います。

 

人によっては、借金してでもチャンスを活かした方が良い!!という考えの方もいるかと思います。資金管理、リスク管理がしっかり出来る方なら、なるべく利息の低い借金で事業を行う等するのも良いと思います。

 

ですが、僕個人としては、やはり借金という負の財産を抱えるのは嫌ですね。

 

 

如何だったでしょうか?

 

少し長くなってしまいましたが、僕が金持ちになる為に意識しているのがこれらです。人間社会をうまく生き抜く為にもお金は重要です。皆さんもお金に対して今一度しっかり考えてみると良いでしょう。